作詞家 高瀬愛虹のブログ

Profile

高瀬愛虹 (たかせ あいこ)

作詞家

日本大学芸術学部音楽学科情報音楽コース卒

Twitterはじめました


お仕事のご依頼はこちらからお願いいたします。


詳細 >>

synclメッセージ

QRコード

携帯電話からアクセス
クリックで拡大します
URLをメールアドレスに送信

RSS RSS

恩師高畑勲監督との思い出と『かぐや姫の物語』

今回は、2018年4月5日にご逝去された恩師高畑勲監督との思い出と遺作である『かぐや姫の物語』について綴りたいと思います。

私は日本大学芸術学部の大学院時代に高畑監督の授業を受けていました。
忘れもしない金曜の5限。人数は聴講も含めて5~6人前後。
カナダやフランスの留学生も3人いました。女子は私ひとり。
この少人数で週に一時間半も高畑監督の講義を受けられるというなんとも贅沢な時間でした。

ーまず自己紹介
状況を整理して分かりやすく説明するためにもまず私の自己紹介。
私は、大学は日本大学芸術学部の音楽学科の中にある情報音楽コースに在籍していました。
中間論文ではCM音楽、卒業論文ではドラマ音楽の研究をしていて
そのような経緯もあり、大学院は音楽ではなく映像芸術を専攻していました。
高畑監督の講義を受けていた大学院の1年生のときには
すでに歌詞提供していて作詞家の道を歩み始めていましたが、
今では多く手掛けているアニメ作品のお仕事はひとつもしていない時期です。
後に私は作詞家と両立できなくて大学院を中退しました。

ー高畑監督の思い出
初夏くらいだったでしょうか?
4限が大学生の講義で10分間の休憩のときに牛乳を片手にパンを食べていて
そのまま5限始業ベルが鳴って最初の数分間にパンを食べながら講義をしていて
これが噂の“パクさん”だとひとり興奮しました。

私が高畑監督の講義を受けていた最大の理由は
日本を代表するアニメーション監督の高畑監督がどんな人物で何を大切にしているか知りたかったからです。
そして、アニメーションと作詞で分野は違うけど
同じものづくりをする者として“何か”を取り入れたかったからです。
発する言葉の奥をずっと気にしながら講義を聴いていました。

高畑監督は、1つのことを話すのにたくさんの想いや知識が溢れて
言葉を選びながらお話してくれているような言動が印象的でした。
本当に些細なことを話すにも同じような印象で
時にもがくように言葉をまとめているように感じるときもありました。

何より好奇心が強く、ひとつひとつのことに疑問を持つ方でした。
日本大学の芸術学部は放送学科と映画学科に分かれていて
高畑監督の講義は映画学科に属しているといえる講義で
私は放送学科の教授についていましたが、私以外の生徒は映画学科の教授についていました。
最初の授業のとき、ひとりひとり自己紹介をして高畑監督はメモを取っていました。
私が放送学科のくだりを話すと、「どうして放送学科と映画学科で分かれているんだろう」と言いました。
他の生徒が「放送学科はブロードキャスティングで…」とそれぞれの放送学科と映画学科の違いを話して
そんな論を交わし合えるところが大学院の魅力のひとつであるわけですが
高畑監督はこの「どうして放送学科と映画学科で分かれているんだろう」という疑問を週を変えて3回度ほど言葉にしました。
ある日、「放送と映画で作る作品って変わるのかな」と言っていて
ずっとそのことが引っかかっていたのだなと思いました。

一番最初の講義で、大学院は日によって人数が集まらないときがあるので
内容を置いてきぼりにしないためにも外にコーヒーを飲みに行くときもあると説明されていたのですが
私が受講していた中では2人しか集まらないときに1度だけコーヒーを飲みに行くことがありました。
コーヒー以外にも「これなんだろう?これも頼んでみよう」と
卵とハムのガレットのような食べ物にも興味を抱いたようで
そちらも注文してくださって、好奇心と興味を示す範囲に広さをここでも感じました。

進路をどう考えているか質問してくださって
「今は映像を専攻しているけど、私は音楽の道で生きていきたい」と即答したことを覚えています。
その流れで上々颱風の話になって、本当に大好きなアーティストであることが伝わってきました。
ジブリに映画に起用してほしいとたくさんのCDが送られてきているみたいだけど
高畑監督は一切聴いていないことと
自分が好きな曲やアーティストを起用したいと語っていて高畑監督らしいと思いました。

それから何年かして高畑監督との思い出がふと懐かしくなってガレットを食べに行ったのですが
お店はなくなっていました。
とても寂しかったのですが、高畑監督という存在は私にとって時々振り返る過去の素敵な思い出ではなく
背中を追いかけるべき前にいる存在であるということを神様に言われているような気がしました。

ー講義について
講義の一番最初に教えていただいたのは、
日本のアニメのルーツは鳥獣戯画などの十二世紀の絵巻物であるという持論からでした。

日本の漫画やアニメは、「おもに輪郭線と色面で描かれたさまざまな絵をならべ、それに言葉をそえて、時間とともに、お話をありありと語ったもの」でこの特徴が十二世紀の絵巻物にも見られます。

また、絵巻物の見方は大きく分けて2つあるのですが、
左手は添えるだけで右手で絵巻物をどんどん巻き取り続けながら絵巻物を見ることで
映像と同様にカメラや被写体が動いているかのような被写体験ができます。

このことから高畑監督は、日本のアニメのルーツが十二世紀の絵巻物であるという考えに行き着きます。
詳しくは、監督の著書「十二世紀のアニメーションー国宝絵巻物に見る映画的・アニメ的なるものー」に詳しく綴られています。

こちらのサイトでも詳しくまとめられています。
アニメは850年続く日本の文化!『十二世紀のアニメーション』~レジェンド本を学ぶ



その他に講義では、セリフなしのアニメーションをたくさん観させていただきました。
最初に説明も少なく、その後に監督が細かく説明をしていくのですが
例えば、後ろを振り向いた。一瞬動かしていた手を止めたなど
ただ観ているだけでは見過ごして気付けないような
ちょっとした動作からストーリーやキャラクターの感情の動きがくみ取れるということを教えてくれました。

私はそれまで無意識のうちにアニメーションというものは
セリフがあってセリフに合わせてキャラクターを動かすものだと捉えていること気付きました。
でも正確には…少なくとも高畑監督は人間そのものを描いているように私には感じられました。
人間だから心があり感覚がありそこから意図的にも無意識にも動きがうまれて言葉を発する。
そのすべてすべての動作に意味があって絵を動かすことによって人間に近づけることがアニメーションで
監督が追い求めて重きを置いていたことのように思えています。

このことは私がコラムで記した「アニメソングの歌詞の書き方」にも通じている部分があります。


いつからか私にとって持論となっていたキャラクターを人間として捉えて
セリフになっていない感情やシーンにはない日常を想像して歌詞を書くという
この考え方は今になって整理をすると高畑監督と出会ったことが大きく関係しているように思います。

ー映画『かぐや姫の物語』
ちょうど私が講義を受けているときに、高畑監督は『かぐや姫の物語』の制作に入っていました。
というのも、講義の中で『かぐや姫の物語』を制作していることと
脚本を完成させないといけない時期であることもお話してくれていました。

こちらのサイトにプロデューサーの西村義明さんのインタビューがあります。

すでにこのブログで述べた絵巻物についても書かれていますし、
スケッチ風の淡彩の画面でやりたくて表現が先にあったことを私も高畑監督から直接聞きました。
このタッチで静止画でなく動画=長編アニメーションが制作されていることが
難しく挑戦的なことであることはアニメーターでなくても想像ができます。

表現と内容の一致とありますが、『かぐや姫の物語』の原作の『竹取物語』は日本最古の物語で
日本のアニメのルーツは十二世紀の絵巻物であると高畑監督は考えていて
どちらも平和時代ものといわれていて日本最古のものであるという点で
絵巻物のような背景美術と人物が一体化したスケッチ風の淡彩が
表現として相応しいということなのでしょう。

これは私の考え方ですが、平安時代にアニメーションを作る技術があったら
『かぐや姫の物語』のような表現方法のアニメーションになっていたかもしれないという視点であったり
絵巻物をアニメーション化した作品と捉えて楽しむこともできると思います。

その他にインタビューにある
「線の向こう側にある本物」
「いちどアニメーターのフィルターを通して出力されたものが本物の表現になる」
「命を吹き込む」
この辺りのことも同じことや近いこともお話してくださってそう解釈していたことでもあります。

例えば鉈を振るうシーンでは、実際より鉈の動きを曲げてしならせることで
本物の動きより本物らしく見えると言っていました。

実際に映画が公開されて映画館まで観に行きました。
監督がやりかったことを耳にしてから目にする作品というのは
今まで観たアニメの中でも特別に感慨深いものがありました。

後ろで観ていた老婦の奥様がかぐや姫が赤ちゃんのときの動きを観て
「あらぁ、可愛い」と思わず声を出していて
アニメーションが本当の人間の赤ちゃんとして表現できていることの表れだと思いました。
あのシーンは、インタビューにあるように本物の赤ちゃんをロトスコープのように実写をなぞるのではなく
アニメーターのフィルターを通して出力されたものであるからこそなのだと思います。

ぜひ『かぐや姫の物語』観る際には表現方法と動きに着目して観ていただけたら
高畑監督がやりたかったことが感じられるはずです。

大学院は4月から始まって1月が最後の講義となるのですが
高畑監督が『かぐや姫の物語』の制作に専念するために講義は11月いっぱいで残りはすべて休校になりました。
そして、非常勤講師の定年まであと1年あったようですが
この年を最後に高畑監督は日芸の非常勤講師をお辞めになりました。

もしかしたら、日芸以外の大学も受け持っていたかもしれませんが
おそらく私は高畑監督が大学という場で講義をしていた最後の生徒のひとりであると思われます。
あの頃すでに作詞家として道を歩き始めていたもののアニメの仕事をしていなかった私が
アニメの仕事をたくさん手掛けているということは運命的なものを感じていますし、
高畑監督の講義からアニメの世界に魅せられた部分があるように思います。
高畑監督と出会ってアニメの見方は完全に変わりました。

私にとっての作詞はエンターテイメントのパーツのひとつで
作詞の追及とともにエンターテイメントの追及がテーマであると常日頃から感じているのですが
高畑監督は絵を動かすというアニメーションそのものを純粋に追及していて
高畑監督の追及があり現代のアニメーションがあるのだと思います。

何よりいくつになってもやりたいことと好奇心に溢れていたことが
高畑監督の原動力であったと思います。

本当にたくさんのことを学ばせていただきました。
伝えたいことがあったから、大学で講義をしていたのだと思います。
作品はずっと生き続けます。
高畑監督の講義を受けて、その後アニメの仕事をしている人間として
今回このブログを書くべきだという想いになり書かせていただきました。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2018-05-15 21:04:16投稿者 : 高瀬愛虹

「ご注文はうさぎですか??」キャラクターソング・セレクションアルバム/order the songs2

「ご注文はうさぎですか??」キャラクターソング・セレクションアルバム/order the songs2



テレビアニメ『ご注文はうさぎですか??』のセレクションアルバムから
「お菓子な夢をおひとつどうぞ♪」
「おいしいパンの作り方」
「きらめきを探しに」
「Sister or Sister?」
「冷静とモフモフの国境線」
「リトル*トレジャー*ハント」

以上、以前作詞した6曲が収録されています。

発売日2017年12月22日

1年前に2枚組のセレクションアルバムが出て“凄い!”と話していたのに
なんとその1年後には同じく2枚組のセレクションアルバム2が発売となりました。

恐ろしいスピードです!

プロフィールを見返していて http://takase-aiko.syncl.jp/?p=profile
ごちうさに初めて作詞をした「スマイルメーカー」が随分下の方にあって
私の作詞家として歩みはごちうさと共にあるなと実感しました。
ごちうさは私を成長させてくれた作品であり、本当に大切にしている作品のひとつです。

■CDに関する詳しい情報はこちらから■


2018-05-03 22:33:04投稿者 : 高瀬愛虹

WINTER JEWELS

ポニーキャニオン×コンプティークが送るアイドルプロジェクト『Re:ステージ!』より

「WINTER JEWELS」の作詞をしました


発売日:2017年12月20日

歌っているのは、KiRaRe
牧野天音さん、鬼頭明里さん、田澤茉純さん、立花芽恵夢さん、岩橋由佳さん、空見ゆきさんです!

「宣誓センセーション」の記事でも書きましたが、
「WINTER JEWELS」も1度諦めた夢を6人でもう1度目指すKiRaReのメンバーと
作詞家を目指して頑張っていた中学生のころの自分と照らし合わせて作詞をしています。

「宣誓センセーション」は、舞台は朝や日中のまぶしくキラキラしている学校が舞台で
明るく前向きで希望に満ち溢れている歌です。
「WINTER JEWELS」も基本的には明るく前向きな歌ですが
冬のある日の部活終わりの放課後の歌で普段は閉じ込めている不安が
どこか見え隠れしている歌でもあります。

何より6人の絆の歌でもあります。
ひとりでは1度諦めた夢を同じ夢を持つ仲間とならもう1度目指そうするところは
とてもリアルな出来事に私は思います。

私も中学生のころに音大に行きたいとエレクトーンの先生に話したところ
私には実力がないということをやんわり言われて「やっぱり自分には無理なんだな」と思ったのですが
たまたまエレクトーンの先生が変わって、
その先生は「私もエレクトーンの先生になれないって言われたけどなれたからなれるよ」と言ってくれて
その先生をはじめ、たくさんの協力を得て日芸の音楽学科に合格しました。

だから夢を目指すことは、ひとりで頑張って無理でも
協力してくれる誰かに出逢えたら叶えられることもあると思うのです。
私にとってはエレクトーンや学校の先生と両親で大人たちでしたが
心から夢を理解し合える“友達”に出逢えるという
素敵なことでとても恵まれていることだと思います。

「WINTER JEWELS」は、6人の出逢いと絆を噛みしめている歌であり
だけど今は永遠ではないことも分かっていてなんだか切なくて
いつか夢の結果が出ることの不安と
どんな未来が訪れても受け入れられるような意味をこの瞬間を初めとする今が
見出してくれるかもしれないと希望も感じられる歌です。

「宣誓センセーション」は明るく前向きにガムシャラなときに
「WINTER JEWELS」は不安な気持ちを和らげたいときに聴いてもらえたらうれしいです。

■こちらから視聴できます■


2018-05-03 22:25:12投稿者 : 高瀬愛虹

宣誓センセーション

ポニーキャニオン×コンプティークが送るアイドルプロジェクト『Re:ステージ!』より

「宣誓センセーション」の作詞をしました


発売日:2017年12月20日

歌っているのは、KiRaRe
牧野天音さん、鬼頭明里さん、田澤茉純さん、立花芽恵夢さん、岩橋由佳さん、空見ゆきさんです!

5月に発売された舞菜と紗由の「GROWING!!」に続き、KiRaRe6人の作詞をしました。

「GROWING!!」のときの記事でも書きましたが

「Re:ステージ!」は中学生の女の子たちがアイドルになるという1度諦めた夢を
6人でもう1度目指す物語です。

私は、小学生のころから作詞家になりたくて歌詞を書き溜めたり
中学生のころには専門学校を調べて資料請求をしたり
叶え方のわからない作詞家になるためにそのとき自分のできることをみつけて行動し続けて今があります。
そんな経緯があり、KiRaReのメンバーが自分と重なるところがあります。

中学生のころは、自分が作詞家になれたら今思ってることや感じていることが
リアルな感覚や気持ちとして、いつか作詞の役に立つはずだと思っていましたし
自分と同じような夢に向かって頑張る人を応援する歌詞を書くことが夢のひとつでもありました。

なので、『Re:ステージ!』という作品を凄く大切に想っています。
『Re:ステージ!』は、KiRaReや登場人物の女の子たちを通して
1度諦めかけた何かともう1度向き合えるきっかけになる作品だと思います。

「宣誓センセーション」は、やりたいことや夢があって
でも今は中学生という人生で言うと足踏みの季節で
だけど抑えきれないやる気や想いが体中から溢れ出て
今立っている学校というステージを駆け回るようなイメージで作詞しています。

中学生くらいのころは、人によっては夢を大きく語るには恥ずかしさもありますが
想いが強すぎて叶えたくて抑えられなくて叫びたい…
「宣誓センセーション」はそんな歌です。

この曲を聴いて、何かに向かって頑張っている人に前向きな気持ちになってもらえたらうれしいです。

■こちらから視聴できます■


2018-05-03 22:13:30投稿者 : 高瀬愛虹

THE WANTED CRIMINAL

テレビアニメ『けものフレンズ』キャラクターソング
THE WANTED CRIMINALの作詞をしました


歌っているのは、マーゲイ with PPP
マーゲイ役の山下まみさん
PPP役の佐々木未来さん、根本流風さん、田村響華さん、相羽あいなさん、築田行子さん

発売日は、2017年12月13日です

アイドル好きでファンからPPPのマネージャーに任命されたマーゲイがメインボーカルで
バックコーラスがPPPというマーゲイにとって鼻血ランデブーな1曲になっています。

山下まみさん演じるマーゲイの素晴らしすぎるものまねショーとPPPへの愛を叫ぶ時間が見どころです!
まさしく“最高!!最高です”

作詞は作詞家で自由にまかせられる場合と要望に合わせて書く場合があり
どちらも作詞家の仕事であり、この曲と博士助手曲は後者になります。
繋がっていないアイディアややりたいことをただくっつけるのではなく
歌詞というストーリーの軸の中でうまくひとつに繋げるという頭を使う作業なのですが
遣り甲斐を感じているので楽しくお仕事をさせていただきました。

作編曲の伊藤さんとかなり話し合って、何パターンも作って完成できました。
普通は歌詞を変える方が楽なので「歌詞を変えましょうか?」と相談をしても
伊藤さんは「今の歌詞が良いと思うので、アレンジが合わせます」と
圧倒的音楽力で本来なら難しいそうなことを魔法使いのようにアレンジやサイズを変更していって
この作品は様々な方の情熱とこれまで培ってきたテクニックでできていると感じています。

ぜひフルサイズで聴いていただきたいです!

■詳細はこちらから■


『けものフレンズ』キャラクターソングアルバム「Japari Café2」PV
■You Tube■

■ニコニコ動画■


2018-05-03 22:04:32投稿者 : 高瀬愛虹

スペシャル・ピックアップ

携帯アクセサリー(チャングンソク2種)
メリは外泊中
¥1,890(税込)
ポストカードセット
トキメキ☆成均館
¥1,260(税込)
クリアファイルセット2
BEAST
¥2,520(税込)
ポラロイドハガキセット(写真10枚+紐付きクリップ)
メリは外泊中
¥1,575(税込)
扇子
トキメキ☆成均館スキャンダル
¥2,100(税込)
カードセット Vol.2
KARA
¥3,150(税込)
クリアファイルセットB
トキメキ☆成均館スキャンダル
¥1,260(税込)
フォトノート(チャングンソク 小)
メリは外泊中
¥1,680(税込)